社員を知る employee

新入社員の声

上田 慎也

アイデアを形にする
プロフェッショナルになる

上田 慎也shinya ueda

第一開発部|第三開発課 [2018年入社]

アイデアを形にする
プロフェッショナルになる

新入社員インタビュー

フジクリーンに入社を決めた理由を教えてください

私は『モノづくり+水』を軸に就職活動を進めていました。そんな中、フジクリーンの会社説明会に参加し、初めて浄化槽を知り、興味を持ちました。また、フジクリーンは国内トップシェアを誇る浄化槽メーカーであり、その会社で商品開発をしたいと思いました。また、何よりも『フジクリーンが目指すもの』にある、これから生まれてくる子供たちの生活環境を良くしたいという思いに強く惹かれ、入社を決めました。

今担当している仕事(業務内容・役割)を教えてください

私は主にブロワの設計・開発を行っています。上司や先輩の下で実験の補助をしたり、ブロワの基本特性の測定や分解・組み立てを行うことで部品の名前や役割を覚えています。
また、7月からは製品の改善を任されて、上司のアドバイスを受けながら試作を行っています。その際、何度も失敗を重ねており、特定の条件に合ったものを設計することの難しさを学びました。また、新しいデザインを考えて試作する楽しさを知ることができると同時に、商品開発のやりがいを感じています。

今担当している仕事(業務内容・役割)を教えてください

入社前後でギャップを感じたことはありますか。

フジクリーンに就職を決めた時、浄化槽の設計・開発をすると思っていましたが、実際に配属された第三開発課ではブロワという電気製品を扱っており、機械的な知識を要求されます。大学は機械科だったため、少しは理解できると思っていましたが、専門知識や用語などが多く戸惑いました。しかし、業務を通じて少しずつ理解できるようになり、楽しさを感じています。また、ブロワを扱う上でも浄化槽の知識が必要になるため、今後は微生物や化学についての知識を増やしていきたいと思っています。

職場の雰囲気について教えてください

解らないことがあれば気兼ねなく質問することができる雰囲気なので、無駄な気を張ることなく仕事ができています。どの方にも丁寧に、解るまで説明して頂けるので非常にありがたいと思っています。また、部内には、年の近い先輩社員も多く趣味や笑い話を話すことができるため、居心地が良い雰囲気だと感じています。さらに、先輩社員から私の仕事の進捗具合を確認して下さったり、仕事を割り振って下さるため、無理なく仕事を進めることができています。

今後の目標を教えてください(こうなりたい、こういう仕事をしていきたいなど)

商品の設計・開発を担う人材として、自分のアイデアを形にできるように設計や試作に必要な加工技術を身に付けることです。開発部では、試作品を作ることが多く、それを利用して実験を行います。その際に、設計の知識が乏しかったり、加工機械の使用方法や加工技術不足があると、作る試作品に制限がかかってしまい、できる実験内容が狭くなってしまいます。そのため、OJT教育の期間を存分に活用して知識を増やし、いち早くそれらを身に付けたいです。そして、アイデアを自分の思い通りの形にし、狙った評価を出すことができるようになりたいです。

就職活動中の学生にメッセージを!

就職活動は人生のターニングポイントです。まずは、自分がどんな経験をしてきて、何を感じたのかを思い出してみてください。自己分析を行いながら就職活動を進めることで、自分が本当にやりたいことや譲れないものが見えてきます。最後に、就職活動は肉体面・精神面的に辛く、それぞれが大きな壁を乗り越えようとしている時期です。自分が成長できるチャンスであると捉えることで気持ちもポジティブになると思います。みなさんの就職活動が自分の納得できる結果であることを願っています。

1日のタイムスケジュール

1日のタイムスケジュール

PAGE TOP