社員を知る employee

先輩社員の声

島内 英貴

現場管理を通じて知見を集め、
満足度の高い浄化槽を提供したい

島内 英貴hidetaka shimauchi

福岡支店 技術課 [2014年入社]

現場管理を通じて知見を集め、
満足度の高い浄化槽を提供したい

先輩社員インタビュー

入社してから現在までの仕事(配属先、業務内容)について教えてください

入社当時から福岡支店 技術課に所属しています。入社1年目はCADを用いて小型・中型・大型浄化槽の設計をしていました。入社して半年後から上司に同行して現場管理を学び始め、現在は業務の割合として設計業務より現場管理の方が多いです。入社当時は、CADの使い方や現場管理の仕方等分からないことが多かったですが、先輩社員が相談に親切に応じてくれたおかげで今では、一人で業務をこなせるようになりました。

入社してから現在までの仕事(配属先、業務内容)について教えてください

今の主な仕事(業務内容・役割)を教えてください

主に現場管理をしています。仕事内容としては営業課が受注した工事付物件を引き継ぎ、現場にて浄化槽を納め、お客様に引き渡すまでの一連の業務をしています。現場は浄化槽工事だけでなく空調設備や地盤工事など様々な業者が交わる場所です。そのため、自分たちの工事だけでなく、他業者の工事状況を把握しながら安全且つ円滑に工事を進めていかなければなりません。また、工事予算内に収めるために工程管理や材料の数量を確認し追加金額が発生しないようにするのも現場管理の仕事です。

業務で関わりのある部署(各部、支店、営業所、工場など)はどこですか
またどのような関わりがありますか

現場管理に関しては、主に浄化槽や機器を手配する際に他部署と関わってきます。浄化槽の製作から現場への搬入は、工場へ連絡し手配してもらいます。また、浄化槽を稼働するための動力となる機器(ブロワ、制御盤等)は本社生産部や技術管理部へ発注を依頼します。現場にて浄化槽や機器を入れる時期の判断を誤ってしまうとお客様だけでなく現場に携わっている各業者の工事をストップさせてしまうケースがあるため、各部署との連携はとても重要です。

今までで一番大変だったこと、そしてそれをどう乗り越えましたか

昨年発生した熊本震災の復旧作業が大変でした。当時は仮設住宅向けの浄化槽の計画から現場へ納めるまで全国の事業所が協力するくらい大がかりな出来事でした。復旧範囲が広く、掛け持ちの現場が多かったため各現場の状況を把握することが難しかったのですが、フジクリーンの協力工事業者と密に連絡を取りあい、どうしても関わるのが難しい現場では助けていただきました。浄化槽を現場に納めるのは、工事業者がいてこそできることです。作業を円滑に進めるために工程管理や安全管理と協力業者をフォローをするのが現場管理の仕事であると感じております。現在は無事、工事は完了してます。

今までで一番大変だったこと、そしてそれをどう乗り越えましたか

職場の雰囲気について教えてください

福岡支店の事務所は同じ階に各部署が集まっています。そのため、他部署と話す機会が多いので、仕事の話だけでなくプライベートな話をしたりと和やかな雰囲気です。入社して間もない時に上司が工場へと案内し、浄化槽の製品を説明してくれたり、飲み会では近況を聞いてくれたり等、頼れる先輩が多いです。分からないことがあっても親身になって相談に乗ってくれることが多いため仕事を進めていくことに不安を感じることが少ないです。

今後の目標を教えてください(こうなりたい、こういう仕事をしていきたいなど)

満足度の高い浄化槽を開発することです。現場管理中、ある工事作業員の方から「もっと配管本数を少なくして施工しやすくすることはできる?」と聞かれました。すぐに答えることはできませんでしたが、メーカーとしてお施主様だけでなく工事業者の声に対応することも大事なのだなと気づきました。そのため、浄化槽を使用する方だけでなく現場に商品を納めることに協力する工事業者にも満足してもらえるような商品を開発してみたいと思うようになりました。そのために今は、現場管理を通じて色々な方々の声を聞いて知見を集めていきたいです。

1日のタイムスケジュール

1日のタイムスケジュール

PAGE TOP