社員を知る employee

新入社員の声

神谷 勇輝

設計を通じて、浄化槽の
構造・施工への知識を深める

神谷 勇輝yuki kamiya

技術管理部|技術管理課 [2017年入社]

設計を通じて、浄化槽の
構造・施工への知識を深める

新入社員インタビュー

フジクリーンに入社を決めた理由を教えてください

「微生物を利用して、排水を処理し、社会に貢献している」という点に惹かれて、入社を決意しました。私は、大学で微生物に興味を持ち、大学と大学院の3年半微生物について研究を行ってきました。そのため、私は自分と同じように「微生物に対して興味をもっている企業」であること。そして、微生物の力をより引き出すために「基礎研究をしている企業」であることを軸に、就職活動を行っていました。フジクリーンは、私の2つの軸を満たすだけでなく、人間が生活するうえで絶対に排出される、排水を処理する企業であるという点がとても魅力的で、それが決め手となりました。

今担当している仕事(業務内容・役割)を教えてください

私の主な業務内容は、個別に設計が必要な小型・中型浄化槽と大型浄化槽の「図面」設計です。「図面」には、浄化槽の大きさや内容を示した「構造図」、浄化槽を機能させるための機器をコントロールする「制御盤図」など様々な種類があります。「図面」は、営業がお客様と交渉する際や、工事現場で浄化槽を施工する際などに必要な、重要なアイテムです。私の部署では、営業から必要とされる「図面」を、それぞれの条件に合わせて作図する業務を行っています。その中で、私は、CAD(computer-aided design) を使って、パンフレットなどの標準的な図面では対応できない物件の作図を行っています。

今担当している仕事(業務内容・役割)を教えてください

入社前後でギャップを感じたことはありますか。

私が一番ギャップを感じたところは、想像以上に、建築、土木、電気の知識が必要だったことです。入社する前は、浄化槽は微生物を利用しているため、どちらかといえば生物系の知識が必要であると勝手に思っていました。しかし、業務を通じて、浄化槽がどれだけの荷重に耐えられるかを示すためには「建築の知識」、浄化槽を設置するためにどれだけのスペースが必要になるかを調べるためには「土木の知識」、浄化槽を動かすのに必要な機器をコントロールするには「電気の知識」、これらの知識が必要だと強く感じています。

職場の雰囲気について教えてください

職場のみなさんが和やかな質問のしやすい雰囲気を作ってくださっていて、無駄な気を張ることなく仕事ができています。現在、私の部署は9名で、年の離れている方も多いのですが、どの方も質問に対して真摯に答えて下さります。右も左もわからない状況でしたので、気兼ねなく質問できる空気や、丁寧な説明がとてもありがたかったです。また、週に一度の定例会でも、私が議論からおいて行かれそうになった際に、その場で議題の問題点と結論を教えていただけるので、議論の内容を把握することができ、とても助かっています。

今後の目標を教えてください(こうなりたい、こういう仕事をしていきたいなど)

今後3年間は、設計業務を通じて、浄化槽の構造、必要な機器の種類、見積もりの取り方などを習得します。また、設計業務の根拠となるような、建築、土木、電気の基礎知識を身に着けていきたいと思っています。その後は、身に着けた経験を生かして、より特殊な処理槽である産業廃水処理槽の設計や、作図した図面を使用する処理槽の施工に携わりたいです。そして、処理槽の作図、施工分野を仕切れるようになることを目標としています。

今後の目標を教えてください(こうなりたい、こういう仕事をしていきたいなど)

就職活動中の学生にメッセージを!

私が、皆さんに伝えたいメッセージは一つです。それは、「自分の中で譲れない部分を見つけて、それが叶えられる企業を探してほしい」ということです。世の中には数多くの企業がありますので、企業を選ぶ時どうしても迷ってしまうと思います。そこで、「やりがい」、「勤務地」、「福利厚生」、どんなことでもいいので、自分が一番重視することを決めてみてください。そうすると自分の目標とする企業像が見えてくると思いますので、それを軸に就職活動を頑張ってください。

1日のタイムスケジュール

1日のタイムスケジュール

PAGE TOP