fujiclean logo 企業サイトENGLISHサイト マイナビ マイナビ リクナビ
 
   
 

浄化槽とは?

浄化槽とは日常生活で生じたし尿や生活雑排水を微生物の働きにより処理し、河川へ流すための装置です。
わたしたちは毎日の生活の中で、1日1人当たり約250リットルとたくさんの水を使用しています。その水の多くは最終的に汚水となって川や海へと流れていきます。
その汚水が、何も処理されず、排水されると水質汚濁が進み、地域の水環境は破壊されることになります。

そこで、水環境を守るため、生活雑排水を処理し、きれいな水を取り戻すのが浄化槽です。
浄化槽の種類

K型浄化槽には大きく分けて、単独処理浄化槽と合併処理浄化槽の2種類があります。

 ・合併処理浄化槽・・・トイレの水と台所、洗濯、洗面に使用した生活雑排水を合わせて処理します。
 ・単独処理浄化槽・・・トイレの水だけを処理します。

合併処理浄化槽は単独処理浄化槽と比べて放流される汚れが8分の1になります。
弊社は早い時期から、高い環境意識を持って、世界初の合併処理浄化槽を開発し、製品化しました。

※2001年4月1日から、法律上では合併処理浄化槽のみが「浄化槽」として位置づけられました。
浄化槽のメリット

設置の様子  ・工事期間が短く、コスト削減
  ・・・一週間程度で設置することができるので、下水道工事よりも早く設置
     することが出来、早い効果を期待できます。

 
・自然災害に強い
  ・・・各家庭の敷地内に1つずつ設置される浄化槽は、配管が少ないため、
     不具合が起きてもすぐ普及できます。

 ・自然の浄化作用を活用できる
  ・・・浄化槽で処理された水は、近くの側溝を通じて小河川に放流され、
     小河川の水量確保・地域の豊かな水辺の自然環境維持に貢献します。

浄化槽のしくみ

※一般的な浄化槽のしくみであり、弊社製品全てがこの構造ではありません。
浄化槽断面図

1.嫌気ろ床槽
 汚水に含まれる浮遊物(固形物)を「ろ材」が取り除き、酸素を必要としない「嫌気性微生物」が汚水中の有機物を分解し、浄化します。

2.接触ばっき槽
 ブロワから吹き込まれた空気を利用して、汚水を「ばっき」しながら「接触材」に付着する『好気性微生物』により、汚水中の有機物をさらに浄化していきます。

3.沈殿槽
 浄化された処理水に含まれる固形物を沈殿させ、上澄み水を消毒槽へ送ります。

4.消毒槽
 塩素消毒をして、最終的に安全な水にして放流します。


copy right

 
Menu

浄化槽とは?

浄化槽とは日常生活で生じたし尿や生活雑排水を微生物の働きにより処理し、河川へ流すための装置です。
わたしたちは毎日の生活の中で、1日1人当たり約250リットルとたくさんの水を使用しています。その水の多くは最終的に汚水となって川や海へと流れていきます。
その汚水が、何も処理されず、排水されると水質汚濁が進み、地域の水環境は破壊されることになります。

そこで、水環境を守るため、生活雑排水を処理し、きれいな水を取り戻すのが浄化槽です。

浄化槽の種類

浄化槽には大きく分けて、単独処理浄化槽と合併処理浄化槽の2種類があります。

  • 合併処理浄化槽・・・トイレの水と台所、洗濯、洗面に使用した生活雑排水を合わせて処理します。
  • 単独処理浄化槽・・・トイレの水だけを処理します。


合併処理浄化槽は単独処理浄化槽と比べて放流される汚れが8分の1になります。
弊社は早い時期から、高い環境意識を持って、世界初の合併処理浄化槽を開発し、製品化しました。

※2001年4月1日から、法律上では合併処理浄化槽のみが「浄化槽」として位置づけられました。

K型

浄化槽のメリット

  • 工事期間が短く、コスト削減
    ・・・一週間程度で設置することができるので、下水道工事よりも早く設置することが出来、早い効果を期待できます。
  • 自然災害に強い
    ・・・各家庭の敷地内に1つずつ設置される浄化槽は、配管が少ないため、不具合が起きてもすぐ普及できます。
  • 自然の浄化作用を活用できる
    ・・・浄化槽で処理された水は、近くの側溝を通じて小河川に放流され、小河川の水量確保・地域の豊かな水辺の自然環境維持に貢献します。
設置の様子

浄化槽のしくみ

※一般的な浄化槽のしくみであり、弊社製品全てがこの構造ではありません。

浄化槽断面図
  • 嫌気ろ床槽
    汚水に含まれる浮遊物(固形物)を「ろ材」が取り除き、酸素を必要としない「嫌気性微生物」が汚水中の有機物を分解し、浄化します。
  • 接触ばっき槽
    ブロワから吹き込まれた空気を利用して、汚水を「ばっき」しながら「接触材」に付着する『好気性微生物』により、汚水中の有機物をさらに浄化していきます。
  • 沈殿槽
    浄化された処理水に含まれる固形物を沈殿させ、上澄み水を消毒槽へ送ります。
  • 消毒槽
    塩素消毒をして、最終的に安全な水にして放流します。
TOP